頭皮の皮脂を根こそぎ取るシャンプーは薄毛を助長する

こちらのコラムページでは、実際にいただく事が多い髪の悩みなどをご紹介し、皆さまが日々のヘアケアに活かせる情報をご紹介させていただきます。

メーカーの立場になれば、皮脂を取るシャンプーを製造する理由が分かる

売れている商品と効く商品は『別』

頭皮の皮脂が悪いと思っている人が多く、実際に皮脂を根こそぎ取るといったシャンプーや頭皮クレンジング剤は多く存在ます。頭皮に皮脂についての考え方をご説明すると、ビックリされる人も多いのでご紹介させていただきます。

 

なぜメーカーは膨大な研究開発費を使って、髪に良くない皮脂を根こそぎ取るシャンプーを販売しているのでしょうか?

ただし、これは『売れる』という観点から、製造メーカーのビジネス面でお考えいただくと、きっと納得いく方も多くなるのではないでしょうか?

 

大手メーカーなら科学的にも良さそうなものを使っているように思えます。

けれども、売れているものと本当に育毛に効くものは別なのです。

例えば一つの例を挙げてみます。

 

男性で過剰に出ている脂が悪いのだと思い込んでいる人に、「そうじゃないですよ。本当は保湿してあげるといいんですよ」と広告で説明しても、大半の方は「そんなわけないじゃないか」となってしまいます。

私たち、現場で直接お客様に説明する場合は、お客様の頭皮や髪質を知ったうえで、一人ひとりのお客様と向き合いアドバイスする為、納得していただける方が多いのですが、大衆に向けた広告などでは、正しい事をなかなか分かってもらえない事はあります。

 

そうであるのなら脂を取りたいと言うニーズがあるのですから、脂を取り除いてあげるシャンプーを作りましょう!と言うのが大手メーカーの考えです。

そこに既に売れるマーケットがあるわけですから、正しい方向かどうかは別にしてニーズに応えるものを売ろうと言うことです。

 

本来は過剰に脂を除去する必要はありません。

 

そもそも頭皮の脂は必要があって分泌されているものですから、とればとるほど肌はこれはマズイとさらに脂をどんどん分泌するようになるのです。

 

小鼻の脇の皮脂を、あぶらとり紙で積極的に出とっている人もいますが、頭皮の皮脂と同様に、吸い取れば空いとる程、どんどん脂が出てくるようになってしまいます。

そこで小鼻に化粧水をつけ、保湿をしてあげるとどうでしょう。

実はコレだけで小鼻。皮脂の過剰分泌が治まる方はとても多くいます。

肌は外界の殺菌などに対する抵抗力としてある程度、湿潤な状態になっています。

肌が乾燥すると細菌などに対する抵抗力が低下してしまうため、脂がなくなればまた作り出す構造になっていますから、肌も頭皮も、先ずは保湿をしてみる事をおすすめします。

 

今回は一例をご紹介させていただきましたが、こういった間違った育毛の知識は意外と多い為、うつくしでは一人ひとりに合ったヘアケアをアドバイスしております。

ヘッドスパ専門店 うつくし
神奈川 川崎 武蔵小杉 ヘッドスパ うつくしへのお問い合わせはこちらから