produce by プーラとは

2万人の頭皮に触れた 辻敦哉が考案した ゴッドハンドメソッド

初めまして、辻敦哉と申します。  

私は、たまたま『手で触れる』事に、特別な感受性を備えていました。簡単に説明すると、手で触れた事で得られる情報量が、長けている特性の事です。この特性は業界を驚かせるほどのヘッドスパを考案し、ゴッドハンドと紹介され予約が取れないサロンとなりました。

そういう意味では、ヘッドスパ業界では、一つの時代をつくったという自負があります。

 

プーラ式ヘッドスパとは、表面的な凝りや疲れに対し行う、一般的なヘッドスパではなく、深い部分から自然治癒の連鎖を引き起こし、改善の波紋を全体に広げていく独自のヘッドスパ技術です。そこに合理的なアイデアも加えています。 頭皮ケア、リフトアップ、痛みや疲れなど不定愁訴に対しても、その特性は活かされており、ヘッドスパ専門店うつくしのオーナー、木村小巻さんは、プーラ式メソッドを完全習得された超一流の施術者です。


メディア出演多数 ・ アジアトップ受賞 ・ ベストセラー著者

【新聞】

読売新聞、産経新聞、毎日新聞、中日新聞、東京新聞、東スポ、日刊ゲンダイ、夕刊フジ、埼玉新聞、など

【ネットニュース】

日本yahooニュース、台湾yahooニュース、東洋経済オンライン、フジテレビ報道局、読売プレミアム、Men's beauty、マイベストなど

【雑誌】

婦人公論、LEON、ゲーテ、éclat、LEE、メンズノンノ、日経ヘルス、美的、HANAKO FOR MEN、月刊テレビジョン、女性セブン、saita、yoga、からだにいいこと、ハルメク、致知、MONO、モノクロ、など

【テレビ】

ホンマでっかTV、いいともプレミアム、ズームイン朝、など

【ラジオ】

ロンドンブーツ1号2号 田村淳のニュースクラブ ゲスト出演

【技術担当した著名人】※取材やSNSで配信してくださった方のみのご紹介です。

嵐 大野智さん 相葉雅紀さん  櫻井翔さん 二宮和也さん (月刊テレビジョン)

ロンドンブーツ1号2号 田村淳さん

タレント 川村ゆきえさん(B-PLUS)多数。

サッカー選手 槙野智章さん 森脇良太さん

田村淳さんのニュースクラブ「今週の凄い人」ゲスト出演
田村淳さんのニュースクラブ「今週の凄い人」ゲスト出演
アジアゴールデンスターアワード2017 日本人2人のトップ受賞
アジアゴールデンスターアワード2017 日本人2人のトップ受賞
 シリーズ累計10万部突破!台湾翻訳本も出版
シリーズ累計10万部突破!台湾翻訳本も発売

何故、私がヘッドスパを託し、研究者になったのか?

もっと身近に…

開業前の経験を合わせ13年、ヘッドスパ人生を駆け抜けました。決して自慢ではなく、プーラは開業3年目から1年の半分はご新規受付休止を続けていました。

 

著書の出版によりせっかくいただいた取材依頼をお断りしていたのも、既存のお客様に定期的に通っていただく事が目的でした。

 

しかし、結果として新幹線や飛行機で来られるお客様が増え、気軽に受けられる身近なサービスではなくなってしまったのです。


なぜ、ヘッドスパサロンの直営店を作らないのですか?

プーラグループでは、直営店という形ではなく、サロンオーナーさんを全面的にバックアップするプロデュースサロンという形で店舗を展開しています。

なぜ、ヘッドスパサロンの直営店を作らないのですか?という質問や、プーラグループの直営店で働きたいと希望されるスタッフの方、仲間の声は私の元にもたくさん届いています。

 

しかしながら、私が直営店を作らないことには理由があります。
私自身がヘッドスパ専門家として情熱を持って活動してきた経験から、せっかく応援させていただくなら、大切な自己資金での投資や借入をしてまで、ヘッドスパを本気でやっていこうと考えている方を応援したいと思っています。
また、そのくらい本気な方でないと、プーラ式ヘッドスパの技術は習得できません。
毎回のヘッドスパセミナーを超少人数制で開催しているのも、私が受講者さん一人一人に付きっ切りで対応するためです。
そのように本気の志を持ち、高いレベルの技術を習得してくれた頼もしい起業家さんであるからこそ、私やプーラグループを信用してくださるお客様に、自信を持ってご紹介できるのだと考えております。
スタッフとして働きたいとお伝えくださる方のすべてが本気じゃないと言っているわけではありません。
しかし、理容室やヘッドスパサロンは現在、実際に人材不足であり、離職率も非常に高い業界です。店舗を作ったけれど、スタッフが辞めてしまったなどの状況で、本来提供できるはずの高水準のサービスが提供できないのであれば、お客様の信頼やご期待を裏切ることにもなります。

そのような背景から、情熱を持って自発的に起業したいと考える方をプロデュースさせていただき、地域に根付いた店舗をゆっくり増やしていければと考えています。

ヘッドスパを身近なサービスにしたい。

私は、ヘッドスパがあらゆる悩みの第一歩のケアになると考えています。
だからこそヘッドスパをもっと皆さんの身近なサービスにしたい。
これがヘッドスパ技術を仲間に託し、
 同志の仲間と共に、地域に根付いたサロンを広げて行きたいと考えております。


ヘッドスパ専門店 うつくし
神奈川 川崎 武蔵小杉 ヘッドスパ うつくしへのお問い合わせはこちらから